中日本ドリフト連合

ご覧いただきありがとうございます(^^) 気軽にコメントして下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラジドリ解剖(加速編)

こんにちは、今回はラジドリ解剖第二回(加速編)ですね。

Fモーター(加速時)

「加速する力」、すなわち「前に進む力」は、追走のやりやすさや単走においても圧倒的なアドバンテージを保有することになるので、ラジドリにおいて最も重要なことではないかと思います。

当然加速とは減速と真逆の意味をもつものなので、車には減速とは正反対の力が働きます。
Fモーター(加速中)
これもまた慣性の法則で、前に進もうとすることで重心はリアによります。

このリアにかかる力をどうするかが重要になります。

つまり

リアに力がかかる=前に出る

リアに力がかからない=前に出ない

以上より、リアに「車重+加速時にかかる力」を受け止められるスプリングの固さがあれば、車はより前に進んでくれるものになるでしょう。

ここで少し勘違いして欲しくないのは、無条件にリアを硬くすればトラクションがかかる訳ではないと言うことです。

例えば、リアの車重が軽いのにいくらスプリングを硬くしても、それは姿勢変化を受け入れてはくれません。

むしろ跳ね返されるので、これは非常にリアが滑り出しやすい不安定な状況に陥ります。

リアのすっぽ抜け現象に苦しんでいる人は、スプリングが車重に対して硬過ぎないかを確認してみて下さい。

逆もまた然りで、リアが重いにも関わらずスプリングが柔らかいままでは、荷重移動が全て吸収され、リアにトラクションがかかりません。

まさに「暖簾に腕押し」ですね。

後追いでどうしても置いていかれると感じている方は、まず自分の車両の重量に対してスプリングが柔らか過ぎないかどうかを見直してはいかがでしょう。

さぁ、またここでリアのトラクションを上げる方法として、「重りを搭載する」ことが浮かんできますね。
Fモーター(加速中2)
大丈夫です、これは正解と言えるでしょう。

ただし、上に書いた通り、「重さに耐えれるスプリングの硬さ」が必要になりますけどね。

さぁ、ここでもう少しリアに重りを搭載することについて深く考えてみましょう。

あなたのシャーシがケツカキだった場合

ケツカキは御存じの通り、「リアタイヤがフロントタイヤより多く回っている」状態を意図的に作り出すものです。

フロント以上にリアが進もうとする…

これがケツカキのオーバーステアを誘発しています。

リアが進み過ぎるため、スピンしないように逆舵をあてなければならなくなる。

これがケツカキにするとカウンターがあたるようになる理由です。

では、真直ぐ走りたい時に、ケツカキはどう作用しているのでしょう。
Fモーター(ケツカキ)
リアがグリップしている場合、フロントは前に進もうとする力の抵抗になっています。

あなたも、一度はケツカキにした時に経験したことがあるでしょう。

低速で真直ぐ走ろうとしたらスピンしてしまったことが。

これは、フロントタイヤが常にブレーキをかけた状態になっているので、リアが不安定になり起こってしまう現象です。

この現象は、多くアクセルを入れてリアをホイルスピンさせ、リアのグリップを落とすことで防ぐことが出来ます。

結果的に自分が言いたいのは、前に進みたい場合フロントの抵抗が邪魔になるということです。

では、どうすればよいのでしょう。

答えは簡単です。

フロントのトラクションの抜けを速くすればいいのです。

ここで、前回のブレーキ講座を少し振りかえりましょう。

ブレーキ時には

リアのダンパーの伸びが速い=姿勢変化させやすい

でしたね

つまり、フロントに速くトラクションを抜いて欲しい(姿勢変化して欲しい)ということは

フロントのダンパーの伸びを速くすれば良いのです。

ダンパーオイルは本当に大切ですね。

ここで話を戻します。

リアに重りを置くことは、重心をリアによせること。

重心がリアによるということは、フロントのグリップが抜けるということ。

つまり、リアのトラクションが上がるから前に進みやすくなるだけでなく、フロントのグリップが落ちるから前に進みやすくなると言うことも、ケツカキ車両では踏まえることになります。

まさに「一石二鳥」。

必ずしも万人に当てはまるかどうかは分かりませんが、これは自分がセットしていく上で見つけた最良のセットの方向性です。

しかし、前後で回転差のない(抵抗のない)等速の車には、この法則はほぼ当てはまらないと言っていいでしょう。

これは、ケツカキのみのお話です。

さて、これでラジドリ解剖(加速編)は終了です。

だんだんラジドリで何が大切なのかが見えてきましたね。

自分的には「車重」、これが一番大切なんだと思います。

正直、キャンバー角やキャスター角はカッコよさ重視で弄っているので、足回りについて自分が語れることは少ないです。

とりあえず、次回はラジドリ解剖(コーナリング編)です。

お楽しみに(*^^)v


使用シャーシ:TA05スクエアコンバージョンSP
ケツカキ率:1.48
スポンサーサイト

| セットアップ | 01:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nakanihonrc.blog10.fc2.com/tb.php/437-5e5d76ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。